*

【まとめ】皮オナニー・亀頭オナニーのそれぞれのメリットと注意点

オナニーの方法もいくつかありますが、代表的なのは皮オナニー・亀頭オナニーではないでしょうか。大抵の男性の場合は皮オナニーか亀頭オナニーをしていると思います。特に皮オナニーは大体の人が経験しているオナニー方法でしょう。

皮オナニー(皮オナ)とは・皮オナニーのやり方

仮性包茎の方が亀頭を皮が覆った状態ですることを皮オナニーと言います。亀頭へ直接刺激ではなく皮によって刺激される為に皮オナニー(皮オナ)と呼ばれることが多いです。

皮オナニーのやり方としてはとても簡単で、まずはペニスの皮を手で持ちゆっくりと皮を剥いていきます。そして亀頭が露出する位置に動かしそれを戻すといった方法を繰り返します。

※特に仮性包茎の人が亀頭を直に刺激を与えると敏感な部分をドライで触っている感覚に襲われ、痛みを感じるというようなことがよくあります。でも皮オナニーならソフトな刺激になるのでそのような心配はありません。

※また皮オナニーの場合、皮ごとしごいているうちにカウパー腺液がたくさん出てきて皮と亀頭の間に潤滑油のように入り込んできて、さらに摩擦がスムーズになり、グチュグチュと音をたてながら気持ち良いオナニーをすることができます。

皮オナニー(皮オナ)の注意点

皮オナニーはその性質上包皮を伸ばすように動かすので包皮が伸びてしまうということもあるのが注意点です。特に仮性包茎の人は皮オナニーするときには注意した方がいいでしょう。
・刺激が足りないとからと言ってペニスを強く握りすぎないようにしましょう。強く握るのに慣れすぎてしまうと、女性の膣の締まりで快感を感じらなくなってしまい遅漏や膣内射精障害になってしまいます。
・セックスの時亀頭は露出することになるので、普段皮オナニーを続けることで亀頭が刺激に不慣れだったりすると膣に入れるとすぐ射精をしてしまう早漏になる可能性もあります。適度に亀頭を露出などさせて、亀頭に刺激を慣れさせてあげるようにしてください。

亀頭オナニーとは・亀頭オナニーのやり方

亀頭オナニーというのは名前の通り、包皮を向いて亀頭を出して擦るオナニーの事を言います。「亀頭」とはペニス先端にあるピンク色の膨らんだ部位。女性器でいえばクリトリスに相当する敏感な性感帯です。
亀頭オナニーのやり方はローションペニス先端部分に塗り、指の腹・手のひらなどを使って亀頭をゆっくり・優しく擦ります。

※亀頭オナニーの場合はそのままでは刺激が強く痛い場合があるので、ローション等を使うのをおすすめします。
※亀頭オナニーのメリットとしては刺激に慣らすことで持続力が鍛えられます。早漏の人は向いていると思います。
※剥きグセをつけることで、包茎改善が期待できます

※最近ではローションでも後処理の楽な洗い不要のローションもあるのでおすすめします。

洗い不要のローション

大人のデパート エムズとぺぺがコラボレーションしたロングセラーローション!の続きと詳細はこちら>>

初めて購入しました
安価で量もあって良かったです
ベタベタというより
さらさらとろーり
不快感なく使える事ができて
満足です!

亀頭オナニーの注意点

亀頭オナニーの注意点としては
・強く・偏った刺激に慣れてしまうと遅漏のリスクもあります。
・通常のオナニーと比べて時間や手間が掛かります。ローションの後始末等
・包茎の症状によっては危険(包皮が完全に剥けないなら、無理してやらないこと・射精後、早めに亀頭の一部をしまっておかないと、萎びた時に包皮を戻しづらくなることがあります)

亀頭オナニー専用おすすめアダルトグッズ

亀頭オナニー専用おすすめアダルトグッズとしてはブラックロックシリーズはおすすめです。ブラックロックシリーズ数種類はでているのでいくつか試してみて自分の合うのを探すのがいいと思います。

ブラックロック7の続きと詳細はこちら>>

亀頭だけでいけるのか??最初はそう思いました。でもハンズフリーオナニーって新鮮ですし、物は試しということで購入しました。ブラックロックシリーズというのですね。結構種類がありましたが、こちらがランキングに入っていたので購入。最初は使い方が分からずに亀頭にはめるのに苦労したのですが、ローションを使ったほうがいいのですね。ローションを使ったらスムーズに装着できました。肝心のハンズフリーオナニーですが・・・最高でした。振動でのオナニーはクセになりますね。。個人差はありそうですが、私は亀頭だけでも十分にいけます。でも、クセになりすぎると嫌なので、あまり使いすぎないようにしています(笑)

 - すべての記事一覧, 男性の悩み